DokuWikiを新サーバーに移転する方法

DokuWikiのプロジェクトルートが/home/user1/DokuWiki/xxxの場合。

cd /home/user1/DokuWiki
tar cJf xxx.tar.xz xxx

xxxディレクトリを丸ごとバックアップ、tarJオプション(xz方式)で圧縮し、xxx.tar.xzというファイルを作成。

fullchain.pemprivkey.pemをバックアップ。

詳細は、サーバー移転時にssl証明書を移行する方法を参照。

xxx.tar.xzを新サーバーに転送。

mkdir /home/user1/Dokuwiki
mv xxx.tar.xz /home/user1/Dokuwiki
cd /home/user1/Dokuwiki
tar xJf xxx.tar.xz

Dokuwikiディレクトリを作成。

Dokuwikiディレクトリにxxx.tar.xzを移動。

xxx.tar.xzを解凍。

/home/user1/Dokuwikixxxディレクトリが生成される。

/home/user1/Dokuwiki/xxxwikiのドキュメントルート。

cd /home/user1/Dokuwiki/xxx
chown -R nginx:nginx .
find . -type d -exec chmod 700 {} +
find . -type f -exec chmod 600 {} +

ファイルの所有者をnginxの実行ユーザーに設定。

ディレクトリのパーミッションを700、ファイルのパーミッションを600に設定。

nginxの実行ユーザーが分からない人はdokuwikiディレクトリの所有者をnginxの実行ユーザーに変更を参照。

旧サーバーから新サーバーへfullchain.pemprivkey.pemを転送。

cd /home/user1
mkdir tmp
mv fullchain.pem tmp
mv privkey.pem tmp

fullchain.pemprivkey.pemtmpディレクトリに保管。

詳細は、サーバー移転時にssl証明書を移行する方法を参照。

DokuWiki用nginxの.confを参考にnginx.confを設定。


example.com.conf
    ssl_certificate      /home/user1/tmp/fullchain1.pem;
    ssl_certificate_key  /home/user1/tmp/privkey1.pem;

ssl_certificatessl_certificate_keyを旧サーバーからコピーしたものに修正。

詳細は、サーバー移転時にssl証明書を移行する方法を参照。

certbot certonlyコマンドで証明書を新規発行。

詳細は、サーバー移転時にssl証明書を移行する方法を参照。

example.com.conf
  ssl_certificate      /etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem;
  ssl_certificate_key  /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem;

ssl_certificatessl_certificate_keyを、certbot certonlyコマンドで発行したものに変更。

詳細は、サーバー移転時にssl証明書を移行する方法を参照。

  • 最終更新: 2021/07/04 20:53