vi

CentOSに標準搭載のテキストエディタ。

vi xxx.txt

xxx.txtという名前のファイルを開く。

xxx.txtがなければ、空のファイルを開かれる。

空のファイルを開いて保存すれば、xxx.txtというファイルが作成される。

キー効果
i入力モード
yy行コピー
2yy2行コピー
3yy3行コピー
dd行削除
2dd2行削除
3dd3行削除
pyyやddでコピーや削除したものを貼り付け
vヴィジュアルモード起動
ヴィジュアルモード起動後、矢印キーで範囲選択
範囲選択状態でyで範囲コピー
範囲選択状態でdで範囲削除
キー効果
:qviを終了
:wq変更を保存して終了
:q!変更を保存せずに強制終了
:set nuber行番号を表示
:set nonumber行番号を非表示
:set pasteペーストモード
テキストを貼り付けるときの自動インデントをオフにする

.vimrcファイルに設定をすると、vi起動時の設定を変更できる。

vi ~/.vimrc

.vimrcを開く。

set number

.vimrcset numberを書くと、viを起動したときに行番号が表示された状態で始まる。

  • 最終更新: 2021/07/03 23:22